太陽光発電のシステム導入

申請の中には、工事前申請と言ったものがあるのですが、工事時期や、必要な物品の納品時期を調整しながら、着工日を申請する非常事態シビアなものです。

まれに審査官が、着工日よりも早く工事をしていないか、抜き打ち検査をしに来る事があるそうです。

都道府県によって、多少厳しさも違うそうですが。

ちなみに、太陽光発電の補助金制度は、業者が補助金の手続きをする義務はありません。

補助金受給者が手続きを行うのが基本です。

基本的に国から援助金などを貰う場は、受給する者、つまりは本人が手続きをする枠組みになっています。

業者はあくまでサービスの一貫として、申請の手続を代行者として行っている形になります。

業者に任せたとしても、ある強弱の新知識は必要でしょうし、出来れば自分で国や県に問い合わせてみると良いかもしれません。

そのあたりは念頭に入れておいて下さい。

太陽光発電システムの買う費用は非常事態高価なものですのし、折角なので補助金制度は上手く援用しましょう。

太陽光発電比較探検隊|太陽光発電量をメーカー別に徹底比較