太陽光発電日本政府とメーカーの動き

日本は少し前まではトップシェア1位でしたが、順位が年々落ちていって現在3位です。

このままの調子でいくと日本の太陽光発電メーカーは、全滅になってしまう可能性があります。

なぜこのような状況になってしまったのかというと白物家電の状況と似ているところがあるのです。

日本の技術力は未だにトップレベルで発電効率の良さやコストを抑えた製造方法で世界をリードしているのですがやり方が悪いのです。

例えば中国などは少し古い技術で太陽光発電システムを大量に生産してコストを大幅に下げているのです。

日本がいくら技術で少しコストを抑えた製造方法を開発しても、大量生産で一気にコストを下げられたら勝てないのです。

日本のメーカーは、先端技術にこだわりすぎるのです。

また、日本政府における太陽光発電政策も遅れています。

日本は今まで補助金制度で太陽光発電を援助していましたが、2005年まで一度取りやめることにしました。

その影響で太陽光発電の需要は一気に下がったのです。

一方ヨーロッパでは多額の補助金をかけて太陽光発電の普及を進めているのです。

その結果日本メーカーであるシャープが今までトップランナーでしたが、ドイツのメーカーについに抜かれてしまったのです。

日本政府は世界中の需要が増えているいまこそ補助金をかけていくべきなのですが、世界の流れと逆の政策を行っているのです。

日本が再びトップに返り咲くためには、政府とメーカーと力を合わせてやっていくしかないのです。

私たち国民は太陽光発電システムを家庭に導入していくことはもちろんもっと補助金を投入すべきだと政府に訴えていく必要性があるのです。